TOP > エネルギー計測・制御「もっとsave」とは > システム構成

システムの構成 省配線で完全WEB対応

もっとsaveシステムの構成図もっとsaveシステムの構成図

自由度の高い省配線ネットワーク

従来、親機と子機間に1対1の配線が必要だったのを、データ伝送(制御機器(コントローラー))&入出力機器(I/Oデバイス)と電源供給を同一配線(4芯ケーブル1本)で実装する省配線システムです。
既設配線も利用可能、分岐制限なし、ディップスイッチで設定が可能と工事が容易。また、最長1kmまでの長距離配線が可能でノイズに強く、近くに電源ラインがあっても気にせず配線設計ができます。

従来配線図 省配線図

オープンシステム採用

  • 親機はLinuxで取扱いが容易。インターネット、PLCとの連携も容易。
  • 電子メールで、計測データ異常等の警報発報を、登録された担当者に通知可能。
  • Web対応のオープンデータベースシステムやWeb対応のリアルタイム値監視システムを採用。

完全Web対応

  • インターネットで全世界からアクセス可能。
  • エネルギー管理画面もニーズに合わせてカスタマイズが容易。

従来配線図オープンシステム&Web対応図